ポイント投資完全ガイドポイント投資を徹底比較>楽天ポイントは直接投資するよりも楽天カードの「ポイントで支払サービス」充当に回す方がおトク
ポイント投資ガイド

Point Investment

楽天ポイントは直接投資するよりも楽天カードの「ポイントで支払サービス」充当に回す方がおトク

楽天ポイント投資は余っている楽天ポイント(通常ポイント)を使って楽天証券で投資信託(や株式)を買付することができるサービスとなっています。ただ、ポイントの有効活用という点からいうと、ポイント投資に直接回すよりも楽天カードの「ポイントで支払サービス」に充当をするほうがお得です。詳しくみていきましょう。

ポイント投資完全ガイド

---

楽天ポイントは直接投資よりも楽天カード支払充当がお得な理由

楽天ポイント投資は楽天のポイント投資サービスです。詳しくは「楽天ポイント投資の評判と口コミ」をご覧ください。

楽天ポイントは、1ポイント=1円として楽天証券でポイント投資に利用できます。投資信託や国内株の買い付けが可能となっています。

その一方で、楽天カードは2018年から楽天証券を通じて投資信託を月額5万円まで積立投資できるようになりました。この際、購入金額の1%分の楽天ポイントが付与されます。

また、楽天カードは「ポイントで支払いサービス」というサービスを始めました。こちらは楽天カードの決済分(支払い分)をポイントで充当できるというサービスです。

 

楽天カード、ポイントで支払サービスとポイント付与の計算

で、何がお得なのかというと、楽天カードは利用額100円に対して1ポイントのポイント還元を行っています。

仮に5万円の支払があると、楽天カード利用は1%分の500ポイントがクレジットのポイントとして獲得することができます。このポイント計算は「ポイントで支払サービス」で差し引かれる前の金額で計算されます。

仮に5000ポイントを充当した場合、実際に銀行口座から差し引かれるのは45,000円になりますが、楽天カードの決済ポイントは500ポイント丸々受け取れるのです。

 

楽天ポイントを投資信託に直接投資するより楽天カード経由がお得

もうわかりましたか?

楽天ポイントを使って投資信託を直接買うくらいなら、楽天カードを使って投資信託を買い、その分のポイントを「楽天カード、ポイントで支払サービス」を使ってポイント充当するほうが、直接ポイント投資するよりも1%分だけお得になるわけです。

もっとも、楽天カードによる投資信託の買付は月間5万円までと制約があるので、それ以上の投資をしたい場合には、この方法は使えません。

 

楽天市場でお買い物をする人は月に1回はポイントで直接投資信託を買うべき

また、注意点として、楽天市場を利用している人(お買い物をしている人)であれば、月に1回は楽天ポイントを使って500円以上、投資信託を直接購入するべきです。それは楽天市場のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の存在です。

楽天は月に1回500円以上の投資信託を「楽天ポイントを1ポイントでもいいので使って」購入すると当月の楽天市場のお買い物のポイント還元が+1%となる仕組みがあります。

参考:楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)の攻略方法と注意点

楽天市場で買い物を全くしない方は関係ないですが、買い物をするのであれば、1回は買付するようにしましょう。

 

楽天ポイント投資は楽天カードとの組み合わせが重要

楽天ポイント投資は、このように楽天カード(クレジットカード)との組み合わせが大変重要で、上手く活用することでお得に投資をすることができます。上手に活用していきましょう。

>>楽天カード公式ホームページ

>>楽天証券公式ホームページ

 

ポイント投資のおすすめ Tポイントで株式に小額投資

SBIネオモバイル証券 口座開設

>>ネオモバ公式ホームぺージ

Tポイント投資&小額投資のネオモバ!株初心者・未経験者にもおすすめです。ポイント投資目的でも、そこからステップアップした資産運用の両方に対応できる投資サービスです。